top of page
検索
  • respectohadano

消滅可能性都市

秦野市は実質的「消滅可能性都市」だった。


【本市の20 ~39歳の若年女性人口数】

2010年(平成22年) 21,708人

2040年(令和22年) 10,774人(秦野市人口ビジョンによる)

マイナス49・63%


消滅可能性都市とは

「2010年から2040年にかけて、20 ~39歳の若年女性人口が 5 割以下に減少する市区町村」

全国の市区町村1,799のうち、896がこれらに該当すると推計されており、全体の約半数を占めている。


秦野市が消滅可能性都市のリストに入らなかったのは、当時の人口予測が実際よりも〝ゆるく〟計算されていたため。


不都合な真実から目をそらさず、真正面からこの問題に取り組む必要がある。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

おしゃべり会

今月のおしゃべり会です。 「バイオマス産業都市構想について」 「地権者の農地転用について」 「土木工事発想からの脱却について」 「不登校と社会の変化について」 など、テーマは自由。 市内・外関わらず、お気軽にご参加ください。 日時:5月23日(木)18時〜20時 場所:秦野市立本町公民館2階 集会室B

茶番劇

Comments


bottom of page