top of page
検索
  • respectohadano

その②教育費と土木費

更新日:2021年7月25日

言葉は少し難しいが「充当一般財源等」という考え方がある。


ちなみに前回の数字は「決算額」における教育費と土木費の構成比。


下記の図を見て頂きたい。

秦野市の歳入(収入)の体系をざっくり表している。



一般財源は、市民税、地方交付税など、市の自由に使えるお金のこと。

特定財源は、使い道が決まっているお金のことで、道路整備に対する国庫支出金や公共施設の使用料など。


「充当一般財源等」とはこの自由に使えるお金(一般財源)がどこにどれだけ使われているのかを示している。


歳出(支出)こそ首長の政治姿勢やお金の使い方のセンスを表す分野であり、その具体的な方法の一つが「充当一般財源等」をチェックすることである。


下の二つのグラフを見て頂きたい。


(1)充当一般財源等の占める割合(土木費)秦野市>類似団体



(2)充当一般財源等の占める割合(教育費)秦野市<類似団体



前回と同じような結論だと思われた方もいると思うが、今回は「決算額」ではなく「充当一般財源等」から土木費と教育費を見た。次回はまた別の角度から見ていきたい。



2件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page