top of page
検索
  • respectohadano

議員定数の削減について

6日より市議会が始まります。市民からの陳情は5件。しかし、なぜか市議会議員の定数に関する陳情だけは、委員会ではなく、議会運営委員会(各会派の代表者9人から成る)に委ねられる。市民からの陳情を特定の議員の賛否で決めてしまうのは、どう考えてもおかしいと僕は考えますが、皆さんのご意見はいかがでしょうか?


先月の朝日新聞の調査で分かった

「2019年からの4年間に議員の報酬月額を上げたのは県内の議会では秦野市議会だけ(朝日新聞調べ)」

のように、基本的に自分たちのこと(報酬や議員定数)は自分たちで決められるシステムなので、”甘く”なるのは当然。美意識やパブリック•マインドをきちんと持った議員を選挙で選ぶしかありません。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

30日に12月議会が開会しますが、今月も粛々と「おしゃべり会」続けて参ります。 「地域通貨の導入について」 「市の”貯金”と”借金”について」 「議員の期末手当の支給率アップについて」 など、テーマは自由。 市内・外関わらず、お気軽にご参加ください。 日時:11月22日(水)18時〜19時半 場所:秦野市本町公民館2F集会室B

bottom of page