top of page
検索
  • respectohadano

言論の自由その2

自分とは違う意見の人にどう向き合うのか?がリスペクト運動の本質であり、政治も結局は人間相手の世界なので、自分も言葉使いには十分気をつけなければならない。実際の一般質問ではこういった趣旨のことも最後に発言したつもりです。しかし「議会だより」のような限られた、ごくわずかな文字数の世界ではそれを表現しきれない。しかし、実際にこの記事を読んだ人は、ただ単に「過激な人」としてしか映らないのかもしれない。それは決して賢いやり方ではないし、それを考えた上での「議会だより」での発信を考えるべき(反省)。

政治の世界にいると、ついつい力が入りすぎて、無意識に自分の意見の正当性ばかりを主張する「落とし穴」に陥ってしまう。それだと既存の保守対革新のような、これまでの政治と何も変わらない。だからこそリスペクトの精神を忘れずにやって行きたい。自分はまだまだ修行中の身です。でも言論の自由の問題はまた別だと思っています。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

おしゃべり会

今月のおしゃべり会です。 「バイオマス産業都市構想について」 「地権者の農地転用について」 「土木工事発想からの脱却について」 「不登校と社会の変化について」 など、テーマは自由。 市内・外関わらず、お気軽にご参加ください。 日時:5月23日(木)18時〜20時 場所:秦野市立本町公民館2階 集会室B

茶番劇

Commentaires


bottom of page