top of page
検索
  • respectohadano

③地産地消と学校給食と農業振興

菩提で良質なパン用小麦がとれるのに、どうして北小学校の給食のパンの小麦は外国産 なのか?

・小・中学校の学校給食100%有機米の実現

現在の小学校給食費の食材費(約3億8千万円)のうち、地元の生産者に落ちるお金は

たったの約1千4百万円(青果を地場産率31%で計算)。神奈川県学校給食会から

調達している共通物資(米、パン、牛乳など)の総支払額は、約1.5億円。まずは

お米から地産地消へ変えていく。そのために必要なのは、有機米と慣行米との差額分

(約2千4百万円)を市の財源で負担する制度づくり。学校給食を地元農家への収入

アップにつなげ、「農」の担い手不足、耕作放棄地、鳥獣被害問題の改善を図る。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

おしゃべり会

今月のおしゃべり会です。 「バイオマス産業都市構想について」 「地権者の農地転用について」 「土木工事発想からの脱却について」 「不登校と社会の変化について」 など、テーマは自由。 市内・外関わらず、お気軽にご参加ください。 日時:5月23日(木)18時〜20時 場所:秦野市立本町公民館2階 集会室B

茶番劇

Comentários


bottom of page