top of page
検索
  • respectohadano

一般質問のお知らせ

明日12月14日(木)の13時より一般質問を行います。


テーマは「本市の借金と貯金について」


資料「11月1日号『広報はだの』市の”貯金”と”借金”」

 

「10年間で貯金額は20億円増、借金額は123億円減」

 

これ、市民に与える印象としては、

 

「おおぅ、頑張ったな」

 

「市税は年々減少して、自主財源比率が県内16市中、ワースト3位なのに、問題ないじゃないか」

 

「社会保障費の増大なんて言っているけど、借金をこれだけ返したのだから、全然問題ないじゃないか」

 

という風になる → 本当なのか?

 

本日は、財政情報の”見せ方”に関する問題点を指摘しつつ、”貯金”や”借金”についての考察を深め、今後の指針となるような質問にしたいと思っております

 

資料「借金に関する古谷前市政と高橋市政の”通信簿”のようなもの」

 

古谷前市政と高橋市政の、それぞれ就任時と退任時(高橋市政については令和4年度末まで)の”借金の残高”を示したもの

 

債務負担行為の「債務」とは、経費の支出義務のことで

債務負担行為額とは、将来の支出予定額

 

事実として、

古谷前市政は、借金(市民への負担額)を93億円減らしたのに対して、

高橋市政は、借金(市民への負担額)を94億円増やした

 

対象期間(直近5年間)や“借金”という言葉の定義(債務負担行為を含むかどうか)で、これだけで与える印象は、違うものになる

 

”見せ方一つ”で変わる

 

それじゃ、実際の市の”貯金”や”借金”ってなに?という話をしていきた


よろしくお願い致します!!











































0件のコメント

最新記事

すべて表示

おしゃべり会

今月のおしゃべり会です。 「バイオマス産業都市構想について」 「地権者の農地転用について」 「土木工事発想からの脱却について」 「不登校と社会の変化について」 など、テーマは自由。 市内・外関わらず、お気軽にご参加ください。 日時:5月23日(木)18時〜20時 場所:秦野市立本町公民館2階 集会室B

茶番劇

Commentaires


bottom of page