top of page
検索
  • respectohadano

一般質問のお知らせ

10月11日(水)の午前11時前後より、改選後、初の一般質問を行います。


テーマは「財政について」。


先日、ある一般市民の方から、


「伊藤さんの話はむずかしいので、もっと具体的な、わかりやすい話をしてくれ」


というような趣旨のことを言われて、大変ショックを受けた。

しかし、財源をどこから引っ張ってくるのかの話がないと「ただの要望」や「ただのお願い」レベルの話になってしまう。


もちろん、僕も他の議員さんも執行部の皆さんも、考え方や方向性は違うとはいえ

「秦野市民一人一人の幸福のために少しでも寄与したい」というマインドは持っている。

できることなら、市民の要望はすべてかなえたいと思っている。

だけど、財源には限りがあるから、難しい話(財政の話)をするわけで、「予算ありきの政策的提言」でないと意味がないと、個人的に考えている。


今回は改選後、初の一般質問。


今回当選された新人の方も、政治家としての自分の「核」や「軸」のようなものを話される方が多いのではないかと思う。

僕にとっての「核」とは、4年前から少しも変わらず「ハードからソフトへ」。


具体的に言ったら、予算の使い方をもう少し「土木型・公共事業費型財政」から「子育て・教育、環境、福祉型財政」へと転換する。


「これまでの、人口も経済も右肩上がりだった時代の予算の使い方を改め、今の(超)少子高齢化時代に合わせたお金の使い方に「ギア・チェンジ」させ、将来世代への負の遺産を少しでも減らし、持続可能(サステナブル)なローカル社会をいかに構築できるのか」


これが、僕の政治家としての使命。


だから今回も、難しい話に聞こえるかもしれませんが、最大限資料やデータを使い、本質の話をしたいと思っているので、どうかよろしくお願いします。














0件のコメント

最新記事

すべて表示

おしゃべり会

今月のおしゃべり会です。 「バイオマス産業都市構想について」 「地権者の農地転用について」 「土木工事発想からの脱却について」 「不登校と社会の変化について」 など、テーマは自由。 市内・外関わらず、お気軽にご参加ください。 日時:5月23日(木)18時〜20時 場所:秦野市立本町公民館2階 集会室B

茶番劇

Comments


bottom of page