top of page
検索
  • respectohadano

これでいいのか?お金の使い方のセンス

簡単に説明します。


今、コロナ対策で国からもらうお金が7億4千万あります。 その使い方は自由です。 ちなみに、その使い道を決める会議には女性は一人もおらず、すべて男性で決めています。 その会議で決まった内容は添付写真参照。


一昨日、ある会派の女性議員が「ひとり親への支援」が必要だと言いました。 その意見を「良い!」と思った僕は調べました。

市内には「一人親かつ非正規社員」が約450世帯ある。 一世帯に10万円支給したとしても、4、500万円。


女性の視点も交えて、もう一度、案を考え直して欲しいと訴える。

「決」を取る。

反対したのは、俺だけ。 反対意見みたいなこと言っても、結局「決」には反対しない。 秦野市議会では市長案にほぼ一度も否決したことがない。

「NOと言えない秦野市議会」

なんで?


ちなみに「ひとり親への支援」は、去年、国策で合計最大15万円の支給を行なっています。15万円なんて一ヶ月の生活費にもならないかもしれないし、もう時間も経っている。なんでこの7億4千万円からたったの4,500万円を「やりくり」できないのか?


「今、コロナ下で本当に苦しい人は誰なのか?」を女性の視点を入れて考え直すべき。

会議のメンバーの半分が女性だったら、その内容も随分と違ったものになっていたことでしょう。


どう思いますか?このお金の使い方のセンス。

添付写真のようなお金の使い方はやっぱり男性的?



0件のコメント

最新記事

すべて表示

おしゃべり会

今月のおしゃべり会です。 「小・中学校体育館のエアコン設置について」 「東京都知事選挙について」 「地元産有機米を活用した学校給食について」 など、テーマは自由。 市内・外関わらず、お気軽にご参加ください。 日時:7月19日(金)18時30分〜20時 場所:秦野市立本町公民館1階 創作活動室

Comments


bottom of page