top of page
検索
  • respectohadano

ある議員の一般質問

先日のある議員の一般質問に”衝撃”を受けた


なぜなら、彼には”彼なりの正義”が存在していて、

もちろん、公の場なので、その正義に、どれだけのロジックがあるのか?

そこは問われる


しかし、終わった後、この議場で拍手が起こったように、彼の考え方が

ある一定の層の方々から支持を得て、当選して、この場で主張をしているわけで

当然、無視されて良いはずはない


これまで僕は戸川の問題に関して

自分なりの主張を、自分なりの正義に基づいて話をしてきた


しかし、その自分なりの正義というものが、そのまま他人にとっての正義となるのか

というと、決してそんなことはない


企業誘致をして、誰が恩恵を受けるのか?

子育て施策を推進して、誰が恩恵を受けるのか?


それぞれの立場で、それぞれの正義というものが存在している


だから自分の正義というものは、所詮は自分なりの正義にしか過ぎず

自分の主張をする時には、相手を尊重することが大切になる


また、やってはいけないのが「正義の押し売り」と「少数意見の排除」

だということを再認識させられる一般質問だった


最後にもう一言だけ付け加えさせて頂くと、


政治が正義を実現するための手段かと言えば

そうではない場合もあって、時に政治の権力が正義と衝突することもある


しかし、政治(権力)と正義(公正さ)の関係性を考えた時に、

公正さというものが促進されている時は、正しく権力が行使されている時であり

逆に、公正さが妨害されている時は、権力が濫用されている時である

0件のコメント

最新記事

すべて表示

茶番劇

おしゃべり会

今月のおしゃべり会です。 「令和6年度予算について」 「上小学校給食への地元産有機米の導入について」 「各会派の動きについて」 など、テーマは自由。 市内・外関わらず、お気軽にご参加ください。 日時:4月11日(木)18時〜20時 場所:手打そば くりはら(神奈川県秦野市渋沢2098)

Commentaires


bottom of page